「九州文學」同人会



カテゴリ:[ 趣味 ] キーワード: 九州文学同人会 九州文学掲示板 「九州文學」同人会


495件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[501] 「叙説」拝受

投稿者: 九州文学同人会 投稿日:2017年 4月29日(土)09時42分43秒   通報   返信・引用

文芸批評を主軸にした「叙説」Ⅲー14をご恵贈下さいましてありがとうございました。こういう誌は九州では他に見当たりませんね。要するに学問として文学をどう読むか、どう捉えるか、ということを発表し、論議する場なんでしょうか。冒頭より「批評とは何か」というテーマで坂口博さんが大上段に構えています。実作者である私たちは「まな板の鯉」と言ったところでしょうか。いやいや、まな板に取り上げられるのは私たち未熟な鯉ではなく十分に成長した鯉でしょう。定価1,800円。花書院(092-526-0287)でお買い求めできます。




[500] 懐かしき写真

投稿者: 九州文学同人会 投稿日:2017年 4月27日(木)09時56分47秒   通報   返信・引用

写真を整理していたら懐かしき写真が出てきました。堀勇藏先輩と諫早の野呂邦暢さん宅を訪ねて行った時の写真です。「草のつるぎ」で芥川賞を受賞されてガンガン書いておられた頃の野呂さんでしたが、それから半年か一年後に急逝されました。堀先輩も平成22年にお亡くなりになりました。写真は某がインスタントカメラで撮ったものだったと思います。間もなく諫早菖蒲忌ですね。



[499] 季刊「遠近」拝受

投稿者: 九州文学同人会 投稿日:2017年 4月26日(水)10時18分46秒   通報   返信・引用

季刊「遠近」第63号を拝受しました。ありがとうございました。同人16人で確実に季刊刊行されています。文芸評論家の勝又浩さんが特別会員になられていて、作品のレベルも高い誌です。特に難波田節子さんの作品には感心させられます。もう八十歳を超えられているようですが、彼女の腕前はプロ級と言ってもいいでしょう。残念ながら今号には小説は発表されていませんでした。
発行所:〒215-0003 川崎市麻生区高石5-3-3 永井様方 定価500円



[498] 「弦」「日曜作家」拝受

投稿者: 九州文学同人会 投稿日:2017年 4月24日(月)09時50分57秒   通報   返信・引用

「弦」第101号と「日曜作家」第18号を拝受いたしました。ありがとうございます。どちらも力のこもった作品が掲載されています。「文学は死んだ」などととんでもないことを言う人もいますが、文学は死んでも、同人誌は不滅です。方向性さえ確かなら文学が死ぬはずもありませんよね。



[497] 佐賀新聞に

投稿者: 九州文学同人会 投稿日:2017年 4月22日(土)13時10分25秒   通報   返信・引用   編集済

4月21日の佐賀新聞に「九州文學」が紹介されていました。ありがとうございます。佐賀新聞は毎号紹介して下さっています。嬉しいですね。ささきさん、ありがとうございました。
拡大してお読みください。



[496] 長野秀樹先生インタビュー記事

投稿者: 九州文学同人会 投稿日:2017年 4月20日(木)13時46分48秒   通報   返信・引用

西日本新聞(4月20日)の朝刊です。長野先生、二束三文にもならない私たちの作品を丁寧に読んでいただいてありがとうございました。同人誌は不滅です、と言いたいところですが、文学は死んだ、などと言う人もいて、混沌としています。しかし、混沌の中から私たちは未来を探っていきたいと思っています。機会がありましたらまたご指導お願いします。



[495] 二十八年度総会

投稿者: 九州文学同人会 投稿日:2017年 4月17日(月)19時57分17秒   通報   返信・引用

4月16日、アクロス福岡での総会風景。このあと年度賞の授与式、そしてブロッソでの懇親会と盛会のうちに終わりました。さあ、新年度もペースを落とすことなく邁進して行きましょう。



[494] 「江古田文学」拝受

投稿者: 九州文学同人会 投稿日:2017年 4月15日(土)10時38分49秒   通報   返信・引用

「江古田文学」94号をご恵贈いただきましてまことにありがとうございます。日本大学芸術学部の文芸誌です。岩間卓蔵さんの「文芸復興全史」を興味深く読ませていただきました。創作の質も高いですね。第16回江古田文学賞作品(50~100枚)も募集中です。締切は8月31日ですからまだ十分に時間はありますよ。



[493] 「南風」拝受

投稿者: 九州文学同人会 投稿日:2017年 4月14日(金)11時20分28秒   通報   返信・引用

「南風」41号を拝受しました。小説5篇とエッセイ1篇掲載。同人8人で100ページ超の誌を年2回発行。よくやっていますね。広告もまったくなし、どうのような資金繰りをしていらっしゃるのでしょう。作品よりもこの方が気になります。同人が出し合っていらっしゃるとしたら相当の負担金になるのでしょうね。



[492] 公開講演会

投稿者: 九州文学同人会 投稿日:2017年 4月13日(木)14時54分16秒   通報   返信・引用

「文学は必要か? ない。そして・・・、やはりない。-誰のものでもない悲しみについてー」という演題に目を奪われてここに紹介しました。近くだったら行って聞いてみたい気持ちになります。


レンタル掲示板
495件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口

© GMO Media, Inc.