teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


改善案

 投稿者:たけし  投稿日:2012年 2月17日(金)21時08分51秒
  48才の男性です。半年前にミクリッツ病と診断されました。
3か月前より あいうべ体操を実施してIgG4の数値はほぼ正常値になりました。
睡眠時、口呼吸が鼻呼吸になったのが 良かったようです。



 
 

私もミクリッツ病です。

 投稿者:さちよメール  投稿日:2011年12月28日(水)19時33分5秒
  まぶた。のどのした。ほほのはれはひきましが、なぜか体重が30KGふえなやんでおります。だれかいい病院、先生いませんか?  

先生を紹介してください

 投稿者:稲垣庸子メール  投稿日:2010年 5月12日(水)12時15分43秒
  どこに相談したらよいのかわからないので、投稿させていただきます。
私は、昨年、杏林大学病院で、ミクリッツ病と診断されました。その後、横浜に転居した際に、横浜南共済病院を紹介され移りましたが、いくつかの検査を受けたものの(悪性リンパ腫の疑いは晴れた)「副作用を考えたら、薬を使わずに様子をみましょう」とのことで、定期的に受診していますが、特に、何のアドバイスもありません。今年の2月の血液検査でもIgG4の検査ははいっていませんでした。
現在の症状は、両目の上瞼の目尻が腫れ、顎下に小指の先ほどのグリグリがあります。また、緑内障とひどいドライアイで近所の眼科にかかっています。
そこで、お願いですが、横浜近辺でミクリッツ病に詳しい先生を紹介していただけないでしょうか?緑内障との関係はあるのでしょうか?日常の生活で、特に不安はありませんが、症状のひどい時は、上瞼が腫れて物が二重に見えます。
 

うつ病

 投稿者:うつ病  投稿日:2009年 3月16日(月)11時02分41秒
  うつ病に立ち向かうたった1つの方法http://www.sayonara-utsu.comお勧めサイトです。

http://www.sayonara-utsu.com

 

IgG4前方視試験御協力お願いします。

 投稿者:マサキ@イカダイメール  投稿日:2009年 3月 4日(水)07時48分36秒
  現在、IgG4+MOLPS前方視試験を計画中です。御参加可能な施設の先生方は、御協力のほど宜しくお願い申し上げます。

http://www.kanazawa-med.ac.jp/%7Ehematol/MD.html

 

IgG4の測定について

 投稿者:長岡日赤佐伯  投稿日:2005年 9月20日(火)15時52分50秒
  検査室の人よりBMLのIgG4の測定方法が近年変更になっている、と聞きました。以前は(どの時期までかははっきりせず)single radial immnuno diffsionであったものが今はnephelometry法に替わっているそうです。SRLはnephelometryですから、つまり同じ測定系になったようです。だとするとどちらで測定してもよいようですが。あくまでimmunodiffusionにこだわるなら、やっているところを探さないとだめなようです。  

第3回検討会

 投稿者:血麺メール  投稿日:2005年 6月 9日(木)07時59分22秒
  ---------------------------------------------------------------------------------------------------- --------------------
第3回 AMOLPS / Mikulicz病 検討会のご案内
第3回の検討会は、シェーグレン研究会期間中に行う予定です。
日時:2005年9月16日(金)懇親会終了後 (約1時間)
場所:未定
議題(仮)
1、症例登録について
2、登録症例/相談症例の検討
3、診断基準について
4、その他:学会発表、論文投稿などについて
他に検討課題があれば、お教えいただきたく、宜しくお願いします。
 

免疫染色用の抗IgG4抗体につきまして

 投稿者:山本 元久  投稿日:2005年 4月29日(金)10時32分32秒
 
 おはようございます。
 お問い合わせのありました、免疫染色用の抗IgG4抗体につきまして、
 
 The Binding Site社のmouse anti-human IgG4 antibodyがよいと
 思います。
 ヒト組織を抗IgG4抗体で染色できるものはそう多くなく、
 他にいくつかありますが、質がおちます。

 自己免疫性膵炎について、多くの論文においても
 この抗体が頻用されているようです。


 札幌医科大学大学院 医学研究科 消化器機能制御医学・分子免疫学(第1内科)
 膠原病・リウマチ班

 山本 元久
 

次回の合同検討会

 投稿者:金沢医大 正木メール  投稿日:2005年 1月 6日(木)08時21分33秒
  明けましておめでとうございます。既に皆様にメールでお知らせいたしましたが、症例登録を開始いたしましたので、積極的な御登録をお願い申し上げます。
なお、次回のAMOLPS:Mikulicz/Sjogren合同検討会は、2005.4/17-4/20に横浜で行われるリウマチ学会総会の時期に、同会場の近くで、皆様の御都合を伺った上で行いたいと思います。また追ってご連絡をさせていただきますが、その節も宜しくお願い申し上げます。
 

今後ともよろしくお願いします

 投稿者:富山医薬大 松井祥子  投稿日:2004年10月14日(木)19時41分49秒
  富山医薬大第1内科の松井祥子です。私も、山本先生や佐伯先生たちと、この春のリウマチ学会で熱く?ディスカッションさせていただきました。このような形で、自由に意見が交換できる場所を作って頂くことは、本当にうれしく思います。今後とも、どんどん仲間や症例がが増えていくことを期待しています。(ところで、科研の締め切りが近いようですが、菅井先生や正木先生が中心となって、企画調査などの部門で申し込むには時期尚早でしょうか、、)とりあえず、今後ともよろしくお願い致します。  

レンタル掲示板
/2